寝てるだけで暇?泊まり込みの治験のバイト体験談|東京

■治験全般について教えてください!
1.治験をしていた時期(当時の職業や年齢や地域) /2.どんな検査? /3.治験の日数や謝礼金(協力費)(どのくらいの通院や何泊)
1.当時は短大生で歳は20歳。場所は東京で行っていました。
2.新薬の効果を試すための仕事を主にやっていました。
3、私の場合は3泊4日ほどでした。謝礼金は7万くらいだったと思います。

■治験に参加前の事を教えてください。
4.治験に参加したキッカケは? /5.参加する前の不安や気になっていた事は? /6.実際に治験をやってみた体験談 /7.その後、体調に変化はあった?
元々は同じ短大に通う友達からの誘いから始めました。
その当初は「治験」というのは、よくねずみを使って行うものだと思っていたので、命に危険なことをするのではないかと、
治験に対して、あまりいい印象を持ってはいませんでした。
ですがその友人は実際に勉学の傍ら、治験のバイトをしており、凄く楽だし、周りのスタッフの人達が大丈夫なように、きちんとサポートしてくれるそうなんです。
私はその話を聞き、半信半疑ながらもやってみようと思いました。実際に友人と治験を行っている場所に行くと、
病院のような独特の薬品のニオイがプンプンしていて、私の不安はより一層大きくなりました。

ですが、実際にその周囲の先生方はとても優しく、私や友人に丁寧に接してくれたのです。
これからの一連の流れを先生方からお聞きし、泊りこみでの治験バイトを行いました。実際にやってみると、私自身は全然楽で、
むしろベットで寝ている状態が続き、暇になってしまう感じでした。身体に大きな負担があるわけでもなく、
特にストレスがない状態でバイトをすることができたのです。

こういう仕事もあるんだなと、この当時はとても勉強になったと思います。
私が経験したのはその1回だけの治験だけでした。

■治験の流れについて教えてください。
8.申込から治験開始までの流れは?/ 9.治験開始〜終了までどんな風に過ごした? /10.他にどんな人が治験に参加していた?

私の時の場合は友人からの紹介できたので、特別な申込みなどはしませんでした。
ただ、治験をする場合は健康な人でなければだめで、病気を持っていたり、常に薬を飲んでいたりと身体になんらかの問題がある人はこの仕事を始めることはできません。
なので、私以外でその治験を受けていた人は、年配の方も何人かいらっしゃいましたが、皆健康な人ばかりでした。
治験開始から終了までの間は特に何かするという必要はありません。
寝ててもよし、好きな本を過ごしてもよし、何をしていても大丈夫な感じでした。

なので治験をしている時はバイトということをついつい忘れてしまいます。
短大に通いながらだったので毎回治験のバイトをするということはできませんでしたが、けっこう楽しかったです。

11.治験をやって良かった事・悪かった事(メリット・デメリット)
治験をやってみてよかったのは、バイト中は気ままに過ごすことができるということです。
はたから見たら楽そうでいいなぁと思われるかもしれませんが、私の時は本当に楽だったと思います。
今は普通に会社勤めですが、またやれる機会があればぜひやってみたいなと思います。

またこの仕事のデメリットは、私は特にありませんでした。
ただ、人によりベットの上で黙ってられない人は不向きでしょう。
なので外で動きまわりたいという人にはお勧めできません。