2018年 5月 の投稿一覧

保護中: スタイル見本

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

中学生の高校進学模試の試験監督バイト体験談

>試験監督バイトの体験談を教えてください。

大学3年生の時に千葉県千葉市緑区にある千葉明徳高校で中学生の高校進学模試の試験監督のバイトをしました。
フルキャストという登録制の派遣バイトサイトのメールで募集があったので応募しました。
指定されていたメールアドレスに応募したい旨のメールを送り、当選か落選のメールが届くのを待ち、当選したら試験監督が出来るという形でした。

給与などの条件は、勤務時間は7時~13時で日給6,000円(交通費なし)、当日現金払いでした。

>模試の試験監督はどんな仕事内容だった?

まず指定された教室に試験監督全員が集まり、諸注意や試験の進行方法の説明を受けます。
最低限の筆記用具や、英語や国語の聴き取り問題のCDやそれに使うラジカセ、最初の科目の問題用紙や解答用紙、試験会場を表すバーコードシールを配られます。試験が始まる30分くらい前にそれらを持って自分が担当する教室へと向かいます。

生徒達が大勢来る前に黒板に指定された文を書きます(試験の種類、試験時間、日付、教室番号など)。持ってきたラジカセとCDが正常に動くのかも事前にチェックします。そうしていると徐々に生徒が教室に入って来るので軽く挨拶したりします。

試験の5分前くらいには生徒達が徐々に席についていくので、バーコードシールや問題用紙、解答用紙を配り、試験時間になったら「それでは始めてください」と言い生徒達に合図をします。

試験が終わる10分前になったら生徒達に「試験終了10分前です」と伝えます。それらを教科ごとの休憩時間を挟みつつ5教科やります。

>試験監督のバイトで良かった点やキツイ部分などを教えてください。

現場には一番立場が上の人(偉い人)が1人いて、試験監督のバイトの人達以外にもお手伝いさん(試験監督のサポート役)が数人いて、1人の試験監督に1~2人くらいのサポートさんが付いていました。基本1人の試験監督で1教室を担当するのですが、サポートの人達が毎回細目に問題用紙などを届けてくれて、同時に「大丈夫ですか?」などと様子も聞いてくれたので、とても安心感がありました。

基本試験中は教卓の後ろに席があるのでそこに座って時間をつぶしながら、前の教科で回収した答案用紙の数が教室の生徒の数と合っているかを確認していました。そして1教科につき3回くらい生徒達の席の横を歩いて巡回するのですが、ほとんど暇と言って良いほど楽でした。

寝そうになるくらい暇な時もありましたが、時々生徒が鉛筆や消しゴムを落としたりするので拾ってあげたりなど、気遣いもほんの少しだけ必要でした。

特にキツイ所はなく、1人で30人くらいの生徒を見ますが、ほとんど会話もなく座っているだけなので基本楽です。
しいてキツイ失敗談を挙げるとしたら、問題用紙を間違って指定の時間より早く配ってしまって、偉い人から軽く注意され再回収し、イケイケ系の男子生徒数人から軽いブーイングがあったことです。
恥ずかしかったですけど、そんなにきつく何かを言われた訳ではなかったのであんまり気にしませんでした。

試験監督のバイトは楽が9割、苦が1割という感じです。
試験なので朝早いのだけがネックで、電車を逃してしまい遅刻したこともありましたが、怒られることはありませんでした。全体的に良いバイトです。

これから試験監督のバイトをやる人へアドバイスを

男女ともにスーツ着用が主ですが、女性はスカートを強要されることはなくズボンの人も多いので、自分の好きな方を選ぶといいと思います。
時々スーツではなく灰色など地味な色のセーターを着てる人もいたので驚いたことがあります。もちろんその人も怒られることはありませんでした。

若い子が怖いという人でも意外と行ってみるとそんなに子供達が脅威に感じるということはないので、安心して行って良いと思います。
受験前ギリギリの模試でもギクシャクとした雰囲気はあまりなく、気にならずやれると思うので、どの時期でも苦にはならないと思います。

大学内での資格試験の試験監督バイト体験談

1.いつ頃にバイト?|2.試験監督の場所は?|3.バイトの条件|4.どこで見つけた?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試験監督のバイトをしたのは大学3年生のころですから、20歳ころのことになります。
休みの日に一日数時間で終わるという手軽さで、誘われてすぐに了解しました。
試験会場は都内の大学でした。

普段足を運ばない他大学の構内に入れるだけでも新鮮な気分でわくわくしたものです。
試験に挑むに際して常識的な作業手順や注意事項の確認があったあと、試験会場となる指定された部屋へ行きます。
これといった作業があるわけでもなく、数時間後に仕事は終わります。
監督したのは資格試験のテストで、受験者たちも常識をわきまえているので、何のトラブルもなく終わります。
バイトは大学の仲間が何らかのツテで依頼されたらしく、紹介してくれた本人が仲間数人をとりまとめて行った中の一人として参加したものです。
交通費は込みでしたが日給金額が十分だったので、割りのいいバイトでした。

5.応募からバイトまでの流れは?| 6.どんな仕事内容だった?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どのように試験監督というバイトを手にしたかというと、大学の仲間から持ちかけられたのです。
大学の外部での活動もいろいろやっている仲間だったので、普段から活動的な仲間でした。
何らかのつながりから、試験監督を集めてくれといった依頼があったのでしょう。
大勢いるなかから声を掛けてもらえたのは幸いでした。なかなか出来ない経験だったと思っています。
彼の人数集めや当日の手配も手馴れたもので、すべてスムーズに行きました。
一通りの手順説明などがあったあと、各自担当する試験会場に向かって数時間の試験の間立ち会うというのが仕事内容です。
受験生たちも騒ぐでもトラブルを起こすでもなく、いたって平和にスムーズに行ったので何も困ることもありませんでした。

7.楽・良かった!|8.キツイ・大変だった!|9.総合評価と感想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試験監督のバイトの何が良かったかといえば、一日数時間だけであとくされがないことも挙げられます。
仕事内容も試験の立会いということで、やるべきこともシンプル・明快なので何の問題もありません。
受験生たちも立場をわきまえている人ばかりなので、トラブルの気配もなくすべて想定通り、予定通りに済みました。

半日あれば行き帰りの時間を入れても十分ですので、時間的にも非常に有利なバイトです。
支払いも即金払いですので締めくくりも明瞭です。キツイことや大変なことというのも特に見当たりません。
あえていうなら、数時間一人で静かに、しかも居眠りなどせずに監督を務めなければならないという点でしょうか。
けれど、それだって受験生が本気で挑んでいる試験がスムーズに行くように監督をしているのだという自覚さえあれば、きちんとこなせるはずです。
ですから、バイトの総合評価、満足度を問われるならもちろん10点満点をつけるのは自然なことです。
これから試験監督のバイトをしようとする人がいるなら、是非、試してみなさいという以外ありません。
唯一伝えたいのは、受験生は人生にとって大事な試験を受けているのですから、その重大さ・真剣さを理解して望むべきだということです。

10.これから試験監督のバイトをやる人へアドバイス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一つの職業経験としても、試験監督のバイトの誘いがあったら迷う必要はありません。作業自体は難しいことは何もありません。
時間通りに到着し、指示通りにこなすのみです。
受験生にとっての一大事に立ち会っているという自覚だけ出来れば、すがすがしい気分で仕事を終えることが出来るでしょう。
そしてまた試験監督の話があったらやらせて欲しいと思うはずです。

駿台予備校(駿台模試)の試験監督バイト体験談

1.いつ頃にバイト?|2.試験監督の場所は?|3.バイトの条件|4.どこで見つけた?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大学1年生から大学3年生まで(18歳から21歳まで)、試験監督のアルバイトをしていました。
主に大阪府内で駿台予備校で実施される模擬試験の試験監督をしていました。主に、大学受験対策としての高校生向けの試験(駿台模試)と、高校受験対策としての中学生向けの試験(駿台中学生テスト)の監督でした。
当時は最低賃金も安かったため、時給800円で、日給にして6,400円ほど(8時間勤務)でした。交通費は支給されました。模擬試験で人手が足りなければ呼ばれていたので、5~6回ほど監督を務めました。
駿台予備校の系列の個別指導塾で講師をしていたため、バイト先で試験監督の依頼をいただきました。

5.応募からバイトまでの流れは?| 6.どんな仕事内容だった?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バイト先の個別指導塾の責任者の先生から試験監督のアルバイトの依頼をいただき、それに承諾すれば決まりでした。特に書面での契約書もなく、普段の個別指導のアルバイトの枠内で明細書も渡され、給与もまとめて支払われました。
最初に試験監督をしたのは、中学生向けの試験(駿台中学生テスト)の監督で、5教科を午前・午後に分けて行う試験でした。事前にシナリオを渡されますので、指定の時間がくればそれを読み上げて、問題を配ったり、答案用紙を回収するだけのお仕事です。

7.楽・良かった!|8.キツイ・大変だった!|9.総合評価と感想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽といえば楽な仕事でした。基本的には前で座っているだけで1時間当たり800円のお給料をいただけますので、労力に対する対価という意味でのコストパフォーマンスはかなり良いと思います。丸一日の8時間労働ですが、それほど疲れたという記憶はありません。
半面、前日が睡眠不足だと眠気との戦いになります。試験問題は試験監督にも渡されるため、監督をしながら(試験会場でのカンニングなどの不正行為や消しゴムを落とした学生の挙手への対応も行いながら)問題を解いてみることもできますが、しょせんは中学生が解く問題ですので、試験時間の半分も掛からず解けてしまいます。時間を持て余してしまうため、本を持ち込んで読書でもしたくなりますが、それは禁止されていました。それと、トラブルなどがあったらどうしようという不安はありました。幸い、私が担当した教室で大したトラブルが発生したことはありませんでした。
満足度の総合評価は9です。アルバイトとしては標準的な時給を、明らかにアルバイトの標準よりも労力の掛からない業務でいただくことができましたので、試験監督の依頼をいただいて断ったことは一度もありません。体力の消耗なくお金をもらえる非常にありがたい仕事でした。

10.これから試験監督のバイトをやる人へアドバイス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試験監督に能力は求められませんが、モラルは(暗黙の了解として)求められます。求められた役割を淡々とこなし、居眠りせず、スマホなども操作せず、挙手を見落とさず、不正行為を見落とさないように努めてください。試験を受けに来ている受験者はお金を払って来ているわけですから、せめて真摯な姿勢で臨むことは最低限のモラルだと思います。

競馬検定の試験監督のバイト体験談

1.いつ頃にバイト?|2.試験監督の場所は?|3.バイトの条件|4.どこで見つけた?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大学3年生の時に行った試験監督のアルバイトです。兵庫県神戸市の大学が試験会場になっていました。試験内容は競馬の知識を問うものになっていました。個人的にも競馬が好きだったこともあり、自分自身も受験したいと考えていたのですが、どんな雰囲気かわからないのでまずはアルバイトの試験監督で経験してみようと思ったのです。
この検定試験は競馬のインターネットサイトで紹介されていたほか、日本中央競馬会が競馬振興のために行なっていたものです。アルバイトの募集もインターネットで行なっていました。
アルバイトの条件は土曜日の午後から会場の設営と当日のオペレーションの事前説明。試験当日は朝7時から集合。スタッフの指示に従って、丸一日働くことが可能なことが条件でした。

5.応募からバイトまでの流れは?| 6.どんな仕事内容だった?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際の応募はインターネットで実施3ヶ月前に始まり、履歴書を送って、面談の上採用という形でした。実際に定員がオーバーしていたのかどうかわかりません。実際には前述の通り、2日間フルで勤務できることさえ問題なければ、そして最低限のコミュニケーション能力があれば、問題ないと言えると思います。
では具体的な仕事です。前日の午後に集合してアルバイトスタッフの顔合わせ。マニュアル説明で1時間程度。そのあとはスタッフの方々の指示に従って、会場設営です。元々、大学なので机と椅子がありますから、会場の掲示板や誘導路を確認。さらに受付の設営も行います。これですでに夕方4時にはなります。そのあとは、もう一度翌日のお仕事の確認、そして配置確認です。わたしは受付で受験者の受験番号、本人確認、そして会場への誘導までが仕事でした。個人情報を扱うだけにひとり、スタッフがつく形になっていましたのでトラブルが起こっても安心できる体制にありました。

7.楽・良かった!|8.キツイ・大変だった!|9.総合評価と感想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はっきり言って、拘束期間はほぼ2日間ですがプレッシャーもなく、基本的には楽な仕事だったと思います。試験監督といってもスタッフが行うべきこととアルバイトスタッフが行うことには役割分担がはっきりしていますので、クレーム対応などもまずないと言えるでしょう。他の試験監督はわかりませんが。
しかし、専門的なテストとはいえ、やはりみなさん真面目に勉強して知識を問われるテスト、検定を受けるわけですからこちらも変なタイプはできません。一応ドレスコードとしてTシャツやジーパンはNGといわれました。また、ガムを噛みながらの対応や携帯電話も勤務中は利用禁止など。
いずれも当たり前のことかもしれませんが、さほどきつい内容ではなかったかと思います。これが入試ともなればもっと厳しかったでしょうから。推測するにご当地検定などもこうした少し緩めの勤務形態なのではないかと思います。
お給料も現金手渡しで非常に通常のアルバイトに作ると高い水準だったと思います。
また、試験会場では競馬グッズの販売コーナーもあり私のような競馬ファンにとっては試験監督のアルバイトとは言え趣味と実益を兼ねた非常に楽しい時間になりました。
もしチャンスがあればまたやってみたいと思えるようなアルバイトです。

10.これから試験監督のバイトをやる人へアドバイス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試験監督にもご当地検定や専門知識を通るようなものから、英検や大学入試まで非常に検閲などが厳しいものまで多種多様だと思います。いずれにしてもドレスコードや勤務態度などが問われることには間違いありません。肉体労働はほとんどありませんし、拘束時間の割にはお給料もいいはずなのでインターネットや情報誌で対象のテストの内容を見て募集してみれば非常にお得になることがあると思います。